2011年09月16日

人形の色付け 熊野筆

アクセサリーポーチ.jpg
この写真は、昨日熊野筆をデパートに買いに行ったもので
灰リスの毛 チーク 6300円のものです。

9/8 人形の本焼きが終わったものに
色を縫っていく作業をしました。

人形用の筆とか塗料とかオイル、専用のものを使います。

色を塗るって普通に塗料を筆に付けてでベターと塗るんじゃないんだよ。
色を塗る作業、これ、感動しました。久々の感動。

オイルで塗料を少しだけ溶かして、
それを先生いわく、人形の筆より熊野筆が最高に使いごこちが良いとのことで
熊野筆の先に少しだけつけて、付けたのをまた布で拭い取り
ほんの少しだけ付いたのを
熊野筆のやわらかい毛でふわふわとはたいてつけていくの。
その作業の繰り返しでだんだん色が付いていく。

あと陰になる部分や濃い部分は細い筆で少し濃いめに色を付けて
また熊野筆でふわふわとはたいてぼかす。
この繰り返しでまず全体に色をつけました。
これをもう一回焼いてもらって、次回は、
眉毛とか口紅とかの色をまた付けていきます。

何に感動したか?熊野筆でふわふわとはたいて色を付けていく
繊細さに感動しました。
お人形の写真が無いから残念だけど、
すごい可愛い子ちゃんができると思う。

この子には、はじめ着物を着せようと思っていたのだけど、
先生いわく、アンティークレースの服が良いよとのこと。
アンティークレースってどこに売っているの?
誰か知っていたら教えてね。



posted by もも吉 at 12:12| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もも吉さん、こんばんは。

今回はこちらへコメント!(笑)
ビスクドールが陶器で出来ていて、白いゴムで各パーツを繋ぐ・・・
というのは知っていましたが、こんなに大変で時間がかかるものなのですね・・・凄いな〜
初心者は・・・のくだり、それでも!と粘るもも吉さんの熱意も凄い!(笑)
さて、アンティークレースですが、オークションで検索したらありますよ!ショップで買うより安いと思います。探してみてね〜
ちなみに、あははは〜一時期カントリ−ドールを作ってたので、家にもある〜(笑)
Posted by 砂夢 at 2011年09月21日 21:19
砂夢さん コメントありがとう。
ビスクのコメント少ないから嬉しい。

先生が初めに話をされたけど、本当に時間とお金がかかっています。
でもだんだん出来上がりが近くなっていくと
時間がかかったぶんだけ すごく嬉しくて。

それともうひとつ楽しみなのは、
先生が超素敵な人。女性の先生で60代なのですが、
お話ができるだけで色々刺激を受けて帰ります。

アンティークレースの情報ありがとう。
オークションで調べてみますね。
Posted by もも吉 at 2011年09月24日 16:08
オハヨ!

この前、ドール教室でビスクドールの話が出てね…
一体完成させるのに膨大な時間と手間が掛かるんだってね?凄いね~挑戦してるんだもんね。
(^_^)完成を楽しみにしてるよ~~(^_^)
Posted by 砂夢 at 2011年11月29日 08:09
砂夢ちゃん コメントありがとう。
もうほとんどできていて
あと2.3か月で完成しそう。

砂夢ちゃんにもらったアンティークレースで
服が縫えるとうれしいのだけど〜。

初めてのことなので、どうだか?

本当にかわいい子なんだー。
Posted by もも吉 at 2011年12月13日 18:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。